01.薬理の書籍情報

CBT薬理学2.jpg●A5判
●220頁
●1,800円

 ISBN978-4-567-71191-3
('10.12)

 
薬学教育研究会 編
 
CBTを意識した5者択一方式の問題集である.基本的な問題で構成し,CBTに対応できる最低限の基礎力養成をめざして,丁寧な「解説」をつけた.持ち歩きしやすい頁数,判型とした.薬学教育モデル・コアカリキュラム中,薬理学で必要なC13(SBO1〜59)が対応している.
 
 
no_image.jpg
●B5判
●140頁
●2,500円
ISBN4-567-49470-9
(’01.3)
 
東北薬科大学学長               高柳元明 監修
東北大学名誉教授・東北薬科大学教授  水柿道直 
東北大学医学部附属病院薬剤部薬務室長我妻恭行 編集
 
薬物相互作用の教科書・参考書.本書は2部構成になっており,総論を読めば誰にでも薬物相互作用の全体像が理解できる.各論は,臨床で特に重要な薬物相互作用46組を厳選し,その症状,発現機序,臨床報告例,対策等を図表を多数用いてわかりやすく解説した.
 
no_image.jpg
●B5判
●180頁
●3,000円
ISBN978-4-567-43130-9
(’07.1)
 
HO Bio研代表
明治薬科大学名誉教授 小河原 宏 著
 
本書はイソフラボンの基礎から応用までをカバーする.「イソフラボンの基礎」の項ではその化学構造から生合成,分布,代謝,植物及び微生物での作用を記述した.「イソフラボンの応用」の項では生理活性物質,細胞,疾患への作用と関連をシグナル伝達の面から述べた.シグナル受容体,シグナル伝達経路についても解説した.
「イソフラボンの基礎」は大学,大学院の天然物化学の参考書として,「イソフラボンの応用」と付録の「シグナル受容体」,「シグナル伝達経路」,「転写因子」は大学,大学院の生化学,薬理学の参考書として利用していただければ幸いである.
 
 
 
 
 
 
no_image.jpg
●B5判
●234頁
●3,500円
ISBN4-567-58040-0
(’96.3)
 
京都府立医科大学名誉教授 栗山欣弥 監修
 
本書は主として医療活動に携わる看護学生の薬理学テキストとして編まれた.近年,多くの医薬品の作用や副作用発現機構は複雑になってきた.本書は現代の医療現場で役立つ内容を,図・表を多用し平易に解説した.
長友最新薬理学10.jpg
新潟薬科大学名誉教授 長友孝文
武庫川女子大学教授   篠塚和正
国際医療福祉大学教授 武田弘志
城西大学教授       荻原政彦     編集

●B5判
●600頁
●7,600円
ISBN978-4-567-49058-0
(’16.9)
 
本書は長年の歴史と定評のある薬理学の教科書である.
最近の分子薬理学の進歩を取り入れると共に,薬理作用および代表的な薬物の化学構造式とその基本骨格を取り入れた.薬物の作用点・作用機序・薬物と化学構造が理解できる.
本書は,学生・薬剤師にとって貴重な教科書または参考書として最適なものとなっている.

 
※表示価格は本体価格です。


TEL:03-3815-3651
FAX:03-3815-3650

平日受付時間:9:00-16:30





  

※弊社は、書店POSシステムと
出版業界VANに対応しています。


弊社の書籍の在庫確認や
注文は、POSシステムと
出版業界VAN経由で行えます。


また、下記専用サイトからも、
弊社の書籍の在庫確認や
注文を行えます。